やっぱり、好きなことを始めるには年齢って関係ない。

26歳の頃、なぜかいろんなことがうまくいかなかった。

気になっていた人には彼女がいたり、仕事はあったけど、転職するにあたって年齢制限でひっかかったり。今だから言えるけど、「そんなささいなこと」で、行き詰まったように悩んだ。

当時はそれで精一杯だったからなのかもしれないけど、今でも"もったいない!"と思い返すのは、26歳で「やりたいことをやるには遅すぎる」と思っていたこと!

それに、周りの「そろそろ落ち着きなさい」の声も気になっていた。

26歳なんて、7年前!あっという間に時間は経って、あの頃より年もとったけど。今の方が楽しい。これは、断言できる。
あの頃より、やりたいことも増えた。自分に何ができるかできないかも、前より知ることができた。

あの頃、怖かったのは、年をとることではなくて、「このまま好きなことに挑戦しないで年をとること」だったのだと思う。自信もなく、不安はいつもあった。挑戦すらしないで、そんな気持ちは消せはしない。なんとなく「好きなこと」を受け流していると、そのしっぺ返しは大きくつく。
「好きなこと」で勝負するのは、怖い。失敗したらダメージが大きいから。でも、「そこそこ好きなこと」で得られることは、やっぱりそこそこでしかないのだ。当時のわたしの虚無感は、それだったと思う。

今の33歳のわたしは、26歳のわたしより、ずいぶんと失敗もした。痛い思いも、悲しい思いもたくさん味わった。(と、いうより味わされた、かな(汗))その代わりに、得たものもかなりの大きさ。

(その転機となったのは、オーストラリア行きだったのだけれど、29歳の時の決断だった。何年もくすぶっていた「行きたい」という気持ちを、実行に移した。あの時、もし行かないでいたら?…なんて考えるのは怖いほど。)


そういうことがあったから、今は、「始めるのが遅い」なんて考えることはなくなった。幸い、周りには、新しいことにどんどん挑戦していくわたしより年上の方たちが大勢いる。そういう方たちの、好奇心に満ちた眼差しは、ほんとうに若々しくて澄んでいる。たぶん、26歳の頃のわたしのものより、ずっともっと若く見えると思う。

10年後の自分に、「もったいない!」なんて言われないように、挑戦し続けようと思う!

20代の頃より、やりたいことが増えたって、いい傾向かも!頑張ろうっと!!
[PR]