「1年後は何をしていますか?」

d0258949_15191833.jpg


「来年の今ごろは、どこにいますか?」
「一年後の今ごろ、何をしていますか?」

そう聞かれてすぐに答えられる人はどれくらいいるのだろう。

わたしは、その質問を投げかけられてから少しの間、考える時間が必要だった。

そう聞いてきたのは、今の職場で知りあった人。お互い、もう少ししたらこの場を去る。そして、二人とも1年後の予定は未定。
ここ最近は、旅に出たいなあとフワフワと夢を見たり、目の前のことで精一杯になっていたり。

こうなっていたいなというのはあるのだけど、一年先を意識せずに過ごしていた。その願望が、いつまでに実現させるのか締め切りを決めていなかった。
去年に「こうしたい」と思ってまだ実現させてないことが一つある。ちょっと努力したり勇気を持てば出来たことなのに。それって、去年の自分を裏切ってることにならないかな。自分にとっては大事なことだと気づいていたはずなのに、あてもなく先送りしていただけ。

いつまでに、どうなっていたいか、まずは意識することが重要。そして、具体的にどうするか決めていくこと。大きな決断って、小さな決断の積み重ね。少しずつでも、動いてやってみればいい。そうすれば、去年よりも今年、今年よりも1年後、と成長できるはず。

やっていかなきゃ。


もうすぐ今いる場所を離れる、このタイミングで上の質問をされたことは、とってもよかった。鋭くて、答えに窮する質問ほど自分の今の立場をあからさまにしてくれる。そして、答えを出していくことで、目標がもっと明確になっていくと思う。

他人に聞かれなくても、自問自答するのも大切かもしれない。




***********************************************************
[PR]