旅するイラストレーター こまつきょうこの日常図鑑

山形県の田んぼ・海・山の側で育ったイラストレーター。翻訳・通訳業(日英)も。 U.S.A.、スウェーデン、オーストラリアの3大陸在住経験有り。玄米好き。

終わりの時間

「生きている」ということは、

だんだん死に近づいているということでもある。

いつかは必ず迎える死。

海に散骨してほしい、とか

葬儀の時は菊は嫌だなとか

お盆の頃にふと考えたりもした。

最近読んだ本の中にも

「どう死にたいか」(死ぬまでどうなっていたいか)

という言葉もあって

必ず来るその締め切りまで

自分をどんなふうに生きていたいか

意識した。



ということで

メキシコの死者の日というお祭りに行ってみたいです。

…旅への言い訳かい。
[PR]
by komatsukyoko | 2013-09-05 00:00 | 【日記】つぶやき

by 旅するイラストレーター こまつきょうこ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31