旅するイラストレーター こまつきょうこの日常図鑑

山形県の田んぼ・海・山の側で育ったイラストレーター。翻訳・通訳業(日英)も。 U.S.A.、スウェーデン、オーストラリアの3大陸在住経験有り。玄米好き。

(本当は、みんなが好きな)お金の話

d0258949_23162579.png
お金、好きですか?

はい!と即答できる人は、自分の欲を知っているぶん、楽なのかもしれない。

いいえ、と答えたのに本心に気付いてない場合が、ちょっと危険かも。

と、思ったのは、カナダ出身の人と話した時。

彼の学生時代の専攻は、世界経済だったそう。
日本に住んで長い彼は、こう言った。

「日本の人、ってあんまりお金の話しないよね。
僕はお金大好きだけど!」

(リアルに I love money! って言ってた)

きっと、それはねえ…
お金の話は人前でするものじゃない、って考える人が多いからかも。
本当は好きでもね!!

他の人と話さない分、もし間違った情報を鵜呑みにしてしまった場合、
その間違いに気付くことがとても難しくなる。

お金の話、って学校の授業でほとんど出ない。
歴史に「現在の金額に直すと◯◯円」とか、そんな程度。
そのお城の総工事費とか、王様の資産とか、そんな莫大な数字より、
自分の通帳とお財布についてもっと学びたかった。
定年まで会社員でいるなら、税金などの面倒な計算は自分でやる必要ないけど、
天引きされているものが、その後どうなっているのかは知っておきたいこと。
それに、フリーランスだったり、会社を興したりする人だっている訳だ。
そういう場合は、どんなことが必要になるのか、そういうことを学べる場があれば
すごくいいのに。

そのカナダの人は、"Money camp" なるものを日本でもしてみたいんだと言っていた。
カナダにいた頃、子供向けに行ったサマーキャンプのプログラムで、
お金について学ぶクラスを受け持って、かなり好評だったらしい。

いいな。やってほしい。


…お金についてだけじゃないよね。
本当は欲しいのに、その欲や必要性に気付かないフリをしていたりことや、
タブー視されていることの中にこそある本当に大切なこと。

それまでの、自分や周りの”当たり前”だと思い込んでいたことを、いったん外したら、
そこに、どんな本心が見えるか。
それに忠実にいた方が、どんなに健康なことか。


わたしも言っておこう。
I LOVE MONEY, TOO.



わたしにとってお金とは、報酬であり、チケットのようなもの。



イラストレーター こまつきょうこ HP 
はこちら!
[PR]
by komatsukyoko | 2015-06-08 23:14 | 【イラスト】エッセイ、絵日記

by 旅するイラストレーター こまつきょうこ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31