旅するイラストレーター こまつきょうこの日常図鑑

山形県の田んぼ・海・山の側で育ったイラストレーター。翻訳・通訳業(日英)も。 U.S.A.、スウェーデン、オーストラリアの3大陸在住経験有り。玄米好き。

マグリットの帽子 ー『マグリット展』見てきた!ー

d0258949_00263339.png

帽子 青空 スーツの男 裸の女 鈴

マグリット展 観てきました。
重厚感あるのに、足元の感覚が薄まっていくような浮遊感も同時に湧く。

美術館に入る前、雨の上がった青空が目に飛び込んできたせいか、
抑えた照明の館内で見る、キャンバスの青空も妙に頭の中に届いてきた。

こんなに一度に彼の作品を見るのは初めてで、
「なんだか簡単なことを難しく語りそうな人だ」と孤独な男を思い浮かべていたのだけど、
映像に映ったマグリットは、なんだかとても幸福そうで、
そして彼の写すパートナーも、体中から喜びみたいな輝きが溢れていた。

時代によって、いろんな影響を受けていて、ずいぶん印象の違う時期もあった。
その中で、印象派に影響を受けて、使う色や描くものまでかなり違っていた時期も。
当時も賛否両論だったらしいが、わたしの近くでみていた40代くらいの女性二人も、
「あー、この色はわたし苦手。ものすごく苦手だなあ」「え?そう?」などと話していた。
その知名度が不動になった今と、当時では反応の濃さがまた違うのだろうけど、
なんだかその「賛否両論」論が目の前で繰り広げられていてちょっと面白かった。
見方や感じ方、自由でいいんだよなーとつくづく思った。




冒頭の絵は、帽子だ。うわばみの絵ではない。









追記

Adobeのアプリで、写真切り抜きできるものがあって、
その一番最初のページに、こんなのが出てきます。
d0258949_00563707.png
指示に従って切り抜きすると、青空と大地の背景と合成される。
d0258949_00564141.png
しかし、言うこと聞かずに、後ろのグレーの背景をドラッグしてみると…

d0258949_00564467.png
マグリットきりん…





以上!さよならー!




イラストレーター こまつきょうこ HP 
はこちら!
[PR]
by komatsukyoko | 2015-06-15 23:59 | 【これ見た!】美術館・博物館

by 旅するイラストレーター こまつきょうこ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30