片づけの魔法にかかった

d0258949_22514434.png
(イラストはイメージです)

驚きました。
「着るものがない」と言うのは探しづらいからだ、という思い込みに気付いたから!

この時期にちょうどいい服が少ないとは思っていました。
もっと整理整頓しないと、とも。

そして数日放置した後…
あの『片づけの魔法』のこんまりさんが出ている映像を見つけました。

➡ Marie Kondo, "The Life Changing Magic of Tidying Up" | Talks at Google
この時の通訳さん、日本語のペースや表現に近づけていてすごいなー、とか
”ときめき” を "to spark joy" と訳しているぞ!とか別の部分にフォーカスしてました。

ところが。
本は読んだことがあったものの、映像と写真での伝わり方はもっとダイレクト。
じゃーやってみよう!
と、家中の衣類を(もちろん自分のだけ)一カ所に集めて選別。

この時の写真も撮りましたが、衝撃すぎて載せたくありません。
そして、残したものの少ないことといったら!!

結局、夏服で残ったものは、
「着るものないよ」とつぶやきながらローテーションして着回していた数点だったのです。

OMG

そりゃ、joyもsparkしませんよ。

しかも、決まった形、決まった色、と
やはり好みには傾向がありました。
そこから大幅にずれたものは、あまり長く取っておきたくなくなる、
ということにも気付きました。


衣類版の片づけ終了後、引き出しやクローゼットを開けると好きなものばかり。
これにはついつい顔がほころびます。探しやすいし、すごく気分がいい!
本当に効果あった。


※実践した人の書いたものも何度か目にし、その中で「捨てるの嫌!」
「もったいない!」と言う人もいるようですが、
本や映像では、無理に捨てることは勧めていません。
その気持ちがどうして湧いたのか気にしてみることが大切なのかも、と思いました。




結局残ったものは、白から紺へのグラデーション。(夏服っぽい!)
そしてトップスのほとんどはシャツ。
シャツの裾はボトムにインするのが好きです!!



イラストレーター こまつきょうこ HP 
はこちら!


[PR]