失ったものは二度と戻ってこないかもしれない。だけど、それ以上に素敵なものを見つけることだってできる。

d0258949_00502850.jpg

「これは運命だ」や「これしかない」と高揚した気分で思い込むのは、
うまくいっている時にはますます気分を盛り上げてくれる。

しかし、その対象(人物でも物でも)を手放さなければならなくなった時や失った時、ちょっと大変になる。

頭の中はすでにその対象のことでいっぱい、行動も全力を傾けてきた。
そうなると危ないのだ。全身で寄りかかっていたものを失うと、
しばらく一人では歩けなくなり、力尽きてしまう。

失ったものの中には、二度と帰ってこないものもあるだろう。
しかし、それは、二度とそれ以上の素晴らしいものが見つからないという意味ではない。

失うことを恐れるべきと言いたいのではない。
妄信的になってしまった時、少し立ち止まっては周りを見渡すことも大事。
世の中には、素敵なことがあちこちに見え隠れしているから。
何を見つめて、何を選ぶかは、自分次第。





旅するイラストレーターこまつきょうこ HP
に新トピック追加!
イラストが、みなさまのお役に立つ時


*似顔絵、挿し絵、漫画など…お問い合わせください☆
komatsu.kyoko@gmail.com

「こまつきょうこ、ってどんな人?」
自己紹介冊子:『こまつきょうこBOOK Vol. 01』 Web版 こちらで公開中!




[PR]