空気を読むと疲れるのでやめました

違う意見を言うと、
「空気を読めない」とか「協調性がない」と
言われるので、その通りにすることにしました。

空気を先読みして、
必要以上に誰かに合わせることはしませんし、
全く違う意見がある時は、
そう言うことにしました。

あからさまに嫌な顔をされることも増えましたが、
逆に本音を言ってくれる人も周りに増えました。

誰にでもオススメ出来る方法ではありませんが、
「みんな一緒よね、ね!?」という圧力を
わたしはこっそり減らそうとしています。
”みんな”と違っても、それはそれで
オッケー!ということを知ってほしいのです。
違う意見を発することを、
許容できる場を作りたいからというのも理由の一つです。

過去のわたしも、周りを気にしてばかりでした。
もちろん、今でも影でコソコソ言われたり
激しい批判にあえば、そりゃ嫌な気持ちになります。
でも、自分に嘘ついた時の方が、
ダメージはとことん大きかったのです。
だから、もう、
「言うなら言えば?あなたはそれが好きでやってるんでしょう?
わたしは違うので、そうしません。」
という考えに至ったのです。
じゃないと、キリがありません!!




他人に「空気を読め」という人に、
読んでほしいあれこれ:










[PR]