2017年 08月 13日 ( 2 )

静かな空間で、別世界にたたずめる、
代々木上原の『東京ジャーミィ』がおすすめ!
ずっと前から、行ってみたかった場所の一つ、
東京ジャーミィへ足を運びました!
d0258949_22472797.jpg
↑天井の装飾(文字)の手の入れ具合に圧倒される!
(建設時、現地の職人さんたちが来日し施工されたそうです)
d0258949_22460866.jpg
↑光の入り具合もとても心地いい。

礼拝時は、下の階が男性用、
2階は女性のみのスペースです。
(見学者に規制はありません。)
礼拝場に入る際は、女性は
見学者も頭部をスカーフで覆います。
礼拝場入り口に、貸し出し用が置いてあります。
持参して見学される方も多かったです。
d0258949_09515140.jpg
↑館内の装飾に、じっくり見入ってしまう。

オーストラリアに住んでいた頃、
語学学校のクラスメートに
イスラム教の人たちがいたり、
知り合う機会も多かったのです。
そして、他の様々な宗教を信じる人たちとも
日常を一緒に過ごしていました。
(それが当たり前で、特にどれか一つでも、
他の宗教を深く知ろうとしなかったのが、
もったいなかったなあ)
帰国してから、そういう機会はかなり減り、
今度はもっと知りたいという気持ちが大きくなっていました。
それで、東京ジャーミィを訪れたいと思っていたのでした!

比較的、早い時間帯で行ったからでしょうか、
礼拝場は、少しの間、貸切状態!
静かな場所って、それだけで涼しく感じる…

全く別の世界のように感じたことでも、
「知りたい」という気持ちで動くと
少しだけ、近くなったような気がします。
(そしてトルコに行きたくなった)


礼拝場の見学は、5人未満の場合は予約不要。
タイミングが合えば、一般参加もできる
料理教室などがあるようですよ!

デザフェス出展で泊めてもらった、
ビューン裕美さんのお宅が近く!
ビューンさんも好きな場所、ということで
快く案内していただきました!
d0258949_23165624.jpg
向かって左から、ビューンさん、藍子さん、わたし。
藍子さんは、福岡へ帰る前に一緒に行けてよかった!




へばのー!





[PR]
d0258949_09515140.jpg
「あえて、非日常の空間へ飛び込むこと」

日々のあれこれに追われると、
時間はあっという間に過ぎていく。
いつの間にか、毎日をただ
繰り返してると感じてしまう。

視界に入るのも毎日同じもの、
そこから感じる気持ちも毎日似たもの。

ほんとは、それだけじゃないはずなのに!

慣れたことを繰り返し、って楽そうに見えるけど
新しいこと、好きなことへ動こうとする感覚を
麻痺させることがある。

そうすると、余計に、大事な感情が
日常に埋もれてきてしまう。

それならば、普段しないことを
思い切ってやってみよう。

いつかやってみたいと思っていたばかりのこと、
始めてみよう。

時間があったら行きたいと思っていた場所へ
計画を立ててみよう。

違う場所に立ったなら、
もといた場所の違う表情が見えてくる。

次に何をしたいか、何をしたらいいか見えてくる。

要らないものが見えてくる。

欲しいものがもっと見えてくる。

行動が、行動を呼ぶ。

ずっと動かずにいると、
初めの一歩に躊躇するかもしれない。
でも、望んだことなら、動いたら腑に落ちるはず。
問いと答えがセットで見えてくる。
どんな結果になっても、やってよかった、と思えるから。

途中、悔しい思いをしても、
また動き出せば、それが始点になるから。




写真は、代々木上原にある、東京ジャーミィ。
礼拝堂の中は、静かで落ち着く空間。





[PR]