「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:【イラスト】旅( 3 )

d0258949_16273045.jpg

旅の対極は "home" ではない。

home とは、始点となる場所。
還るべき場所と限らない。

一つ所に落ち着いてこなかったとしても、
原点となったものを、皆 内包している。

そうして皆、抱えたまま旅に出るのだ。
途中、形を変えたり手放したり、
別の経路で再び手にしたり。

足が外に向けば、目も外を見るだろう、と思いがちだけど
実は、外へ行けば行くほど、その抱えた home を知ることになるのだ。

遠くへ行けば行くほど、すぐ近くにあった物事や
自分の中に根付いていたものが、どんどん鮮明になっていく。

そういうことを、もう一度、思い出した。
わたしにとって、旅とはそういうものだ。



d0258949_17523952.jpg

奄海るかさんが、わたしに引いてくれたオラクルカード。
公開リーディングに参加し、「展示」について問いかけました。

出たカードは "Home"
「あったかく、家に帰ってきたようなモンにして」と、るかさん。

え!?えええ!?
だって、展示のテーマが「旅」ですよ!
Homeからアウェイになるじゃないか!全く逆!と思ったのですが。
冒頭に書いたことを思い出し、スコン、と腑に落ちました。

(そう、忘れていた事や見えなくなったしまったことを、
パッカーンと見させてくれるんですよ!るかさんのカードは!
ドンピシャ過ぎて、毎回笑うしかなくなるんですよ。ドキドキ)

頭の中と頭の上の空気が風通しよくなったくらい気持ちいい。

さ、準備に精出すよ〜〜


公開リーディング…るかさんが、Facebook上で不定期で行っています。
一言だけ問い合わせすると、るかさんがカードを引いて、関西弁で一言答えてくれるのです。




へばのー!
d0258949_00052900.jpg
かさこ塾フェスタ、わたしも出展します!
内容は、次の通り!
・旅をテーマにしたイラストの展示(旅気分、味わえます。)
・イラストを元にした、ポストカードや雑貨の販売。
・「旅のお話、します・聞きます!」旅に出たいけど、どうしよう、って方の背中押します!
 英語や食事、一人旅についての不安は軽減できるもの!こまつがコツをこっそり教えます。

〜休日、ちょっとだけ世界旅行の気分になれますよ!ぜひ会いに来てくださいな!


セルフマガジン『こまつきょうこBOOK Vol. 01』
Web版 こちらで公開中

こまつきょうこ HPに新トピック追加!イラストが、みなさまのお役に立つ時

*似顔絵、挿し絵、漫画など…お問い合わせください☆
komatsu.kyoko@gmail.com

こまつきょうこ


[PR]
d0258949_14255815.jpg

電車の窓から、打ち上げ花火が見えた。
短いけれど凝縮された旅の最終章が花火なんて、とってもうれしい。

田んぼの広がる向こうに、小さな光のキラキラ。
遮るものはほとんどなくて、はっきりとその球体が見える。

開けた窓から入る涼しい風も気持ちがよくて、
はりついてずっと眺めてた。

電車から見える、なんて思いもしなかったから、
この時間の便を選んでよかった。
[PR]
d0258949_22484717.jpg


オーストラリアのイラストを描いていたら、Tim Tamが届きました!

Amazonで他の商品と一緒に注文していたのです。

ひとつ210円!!(条件あり)
そりゃー買うし!!(日本でよく見かけるのは400円くらいした)

ブラウンのパッケージの "Original" が一番よく知られていると思いますが、わたしはこの青のパッケージ、"Double Coat" が気に入っています。
外側のチョコレートが厚く、ビスケットもぎゅっとしている感じ。気温も低い時期だと、ザクザクかじれます。でも、口の中に入れると、ほろろーんと溶けていくんですよ!
この食感が好きで、オーストラリア滞在時にはよく手が伸びていました…
d0258949_22485183.jpg
半分に切るとこんな感じ。
チョコにクッキーがサンドされています。


ちまちまと食べていく予定でしたが、
届いた途端に開けてしまい、
開けてしまったが最後…。

…orz

2日後にはなくなりました。
一袋、全部、自分で食べちゃった!!全部…
この至福と罪悪感の入り混じる複雑な気持ち…。
危険な食べもののひとつ…。

ぜひ!ブラックコーヒーと一緒に召し上がってみてください。
コーヒーの苦さが、Tim Tamの甘さに合います。
ティムタムの伝統的な食べ方というサイトもありますよ!


オーストラリアでは、高い確率でおうちにストックしてあるようです。

そんな国民的人気のビスケットは、ネタも多く、わたしもこんなことがありました(笑)☟
「ケアンズの空港にて」


ではまた〜!
[PR]