「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:【写真】山形県庄内地方( 22 )

d0258949_00092184.jpg
だいぶ涼しくなって、
日差しも湿度も真夏と変わった。

この時期の夕暮れ前の時間帯は
特に同じ景色でも違って見える。
湿度も低く、陰影がはっきりする。

夏の間に見慣れた景色も、
この時間帯は特に表情を変える。
柔らかい黄金色に包まれる。

日常の中に、
ちょっと違う色使いを見つけたい時、
夕暮れ前のお散歩がおすすめです。
d0258949_00102425.jpg
d0258949_00132152.jpg
d0258949_00093793.jpg
猫は、この後、
海に飛ばされ旅に出ましたとさ…






[PR]
d0258949_23104436.jpg
「あ!楽しそう!」って
なにげなく選んだことが、
大きなきっかけになることがある。
そして、それを知るのも
ずっと後だったり。

「あの時の選択がなかったら、
わたしはここにいなかった」

そんな瞬間に気づくことがある。


まもなくオープンするカフェの店主、
友人のNさんの言葉に、
改めてそう思わされた。

先日、そのお店の内覧会に行ってきた。
見慣れた顔が並ぶ中、
Nさんの短いスピーチは、
一瞬時間を止めた。

「あの時のイベントがなかったら、
このお店はなかったと思います。」

そのイベントというのは、
地元で開催した野外イベント。
準備から当日まで、わたしも参加、
主催側でみんなで本当にあれこれやった。

その後も同じ顔ぶれで
他のイベントも開催を続けた。
(わたしは途中、オーストラリアから
一部始終を見守りました)

しばらくしてから、彼女の夢の構想を
聞くようになり、精力的に動いて
準備を続ける姿をずっと見ていた。
そうして夢を叶えて、今、ここに立っている。

あの時のイベントを、この場所の
きっかけにしたのは彼女自身。
そして、その後の行動を
選択し続けてきたのも彼女自身だ。

その小さなひとつひとつの積み重ねが、
あの時からつながって
このお店を作った。

きっと、物事を大きく変えるためには
小さな選択の繰り返しが必要なのだ。

すぐに景色が変わらなくても大丈夫。
行き先を、照らし続ければ。


いつもみんなで集まった場所が、
素敵なカフェに変わって、
ここに来る度、わたしも
もう一度きっかけをもらえそう。
オープンしたら行きたいな。


mammaカフェ Bremen
7月15日オープン!
山形県酒田市東大町2-5-5(カメラのキタムラ裏手)
11:30 - 19:00 定休日:火・水
お弁当(ドリンク付き)1,000円









[PR]
d0258949_00102097.jpg
汗をかいて がぶり
太陽の味ってこうかもしれない と
ほてった体で思いつく


イラストレーター こまつきょうこ HP 
はこちら!
[PR]
d0258949_22161675.jpg
d0258949_22161592.jpg
d0258949_22303209.jpg
d0258949_22161576.jpg
波打ち際のすぐ側で
見上げる花火の中に月



7月26日、遊佐町の花火大会に行ってきました。
人ごみの中じゃなく、砂浜の上でゆっくり見れるのが他と違うところ。

花火の開始1時間以上前は、駐車場もまだ余裕でした。
時間が遅くなったらやっぱり満車になったようでしたが、
離れたところにある別の海水浴場の駐車場もあり、
そこからシャトルバスが往復するので便利だったみたい。

帰りも、駐車場の警備の人たちの誘導がとってもうまくて
ほとんど待たずに出れました。

会場のすぐ隣は温泉なので、入ってくればよかったかなー。

こじんまりして、ゆるゆる過ごせる花火大会もいいものだなあ。




イラストレーター こまつきょうこ HP 
はこちら!
[PR]
5月24日 日曜日、鶴岡市で開催の『こしゃってマルシェ』に行ってきました。
こしゃってマルシェ ウェブサイト
d0258949_01142335.jpg
レモンを使った和菓子が、この日一番のヒット。
冷たい緑茶とよく合いました。
もう一度食べたい!



d0258949_06581059.jpg
真綿の羊。手作りのキットが売っていました。
触り心地もいい。染めの材料もすべて天然のもの。


d0258949_06590997.jpg
お目当てで行ったUmuiさんの『野菜のさら』
(お皿、渡されたまま撮ったけど、お箸外せばよかった…)
野菜のいろんな表情を引き出してくれるお料理は、
毎回うれしい驚きなのです。
去年のマルシェで、初めて食べたときの衝撃もまだ新鮮。



毎回、中味の濃いお店が並び、訪れるお客さんも大勢。
お腹を空かして、早い時間帯に行くのがオススメ!




[PR]
d0258949_07075.jpg

山羊:べーーーー
猫:なにやら気配…


d0258949_07070.jpg

山羊:(知らんふり)
猫:???

d0258949_07160.jpg

…この顔である…




鶴岡市水沢にある、蕎麦屋「大松庵」さんにて。
ここの鴨なんばんが好きです。
[PR]
d0258949_19501932.jpg
今年は、忘れられない1年。

ほんとうに大切なものは何か、何度も何度も気づかされた。

そうして決めたことが、いくつかある。

2015年への鍵になること。


2014年、お世話になったみなさまへ。
本当にどうもありがとうございます!
Happy new year!






[PR]
d0258949_19445277.jpg
d0258949_19451014.jpg


d0258949_19505318.jpg


d0258949_19500319.jpg


日曜日、友人たちとおじゃましたぶどう園。
いろんな品種、実や皮の食感の違い、色、ぜんぶ楽しんだ。
突き抜ける青空に、深い深いぶどうの色。
葉が作る影も夏の日差しの下とは違う。
見とれてしまう、秋の作る色に。

最後の1枚はりんごの樹。
これから気温が下がっていくのだと実感するとともに、
意識はどんどんはっきりしてくることを
そのしっかりした幹に思い出させられた。

夏の名残は、もうない。
パキッとした空気に、時々、ほら、前を向いてと言われるようで。


果物のおいしい季節はもうしばらく続くのだ…












[PR]
d0258949_17184817.jpg

昨日は、鶴岡市山王町へ!
江鶴亭で開催されていた、「MOLD EXHIBITION 菓子型博覧会」友人が案内してくれました。(8月23日まで)
江鶴亭は、山王町商店街にある明治期の商屋の建物。その敷地に立つ蔵がギャラリーとして会場になっていました。

d0258949_17224385.jpg
鶴岡市内の菓子店から集められた型の展示。落雁用の木型と、火を通すお菓子の金型がありました。

d0258949_17185063.jpg
採りたての孟宗の、皮の湿り具合と産毛が容易に思い出されるような彫り。

d0258949_17285064.jpg
この細かさに、すっかり目を奪われる。



もちろん型には、目に飛び込んでくるような色彩は使われていないのだけど、
彫りの作る陰影が、生命力を宿してそこに鮮やかな色が見えてくるようだった。


d0258949_19022338.jpg
鶴岡の駄菓子、お狐はんというもろこしと同じ型が使われたチョコレート!
いただきましたー。

この展示は終了しましたが、会場となった江鶴亭を見学するだけでも気持ちのいい時間が過ごせます。

この後は、今年が初開催という「だだちゃ豆祭」へ!
味が濃く甘みが強いだだちゃ豆を堪能したのでした。。。
いろんな方々とお話して、写真撮ってないや…。

案内してくれた友人に感謝!

山王町、おもしろい。

江鶴亭について


[PR]
d0258949_22214258.gif

遊佐町 西浜海水浴場

昨日までの雨空とはかわって、青空に日差しがまぶしい。
本格的な冬が到来する前の海辺。
風は強かったけれど、まだ冷たすぎはしない。

始まりの日にぴったりな、気持ちのいい場所。
[PR]