<   2013年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

d0258949_23583889.gif

「手裏剣大会に参加」とTwitterでつぶやいたのは、カメライターのかさこ氏!

手裏剣?大会?かさこさんが?と謎でしたが、頭に浮かんだのは、上のような図!
なんだか似合いそうです。
しかし、大会自体が全く想像つきません。

そんな謎に包まれた大会レポートはこちら!
かさこさんの「手裏剣大会レポート」
いたって真面目に開催されているのが面白い…。


他にも、似顔絵はブログでアップ中!
こちらもよかったら、ぜひ見てみてください。
名刺に似顔絵
似顔絵キャラクター作成
俳優・監督


こまつが主催した、2012年かさこさんイベントはこちら!
フォトジャーナリスト かさこ氏 イベント in 酒田◆ 講演会&写真教室&交流会&写真展

イベント開催してよく質問されたこと:
ブログからリアルへ〜わたしのターニングポイントとなったかさこさんとの出会いについて〜

[PR]
by komatsukyoko | 2013-09-30 00:00
d0258949_209196.jpg

こないだのりんごのイラストを使って、
コースターを制作。
d0258949_2092645.jpg

ひっさびさにお裁縫しました。
ちくちく手縫い、楽しい。
けれど、ミシンも出そうかなー。
[PR]
d0258949_22165832.gif

ベタな設定…と思って敬遠していましたが、やはりウッディアレン!
軽やかなストーリーで、登場人物それぞれの持ち味にぐいぐい引き込まれます。
主人公が1920年代に高揚する気持ちに同調してしまう。素直に楽しかった!
(DVDで鑑賞)

わたしの好きな俳優・エイドリアン・ブロディもダリ役で出ています!
『ミッドナイト・イン・パリ』公式サイト

ウッディ・アレンといえば眼鏡。GIG LAMPS
[PR]
こちらが、例の日記。
ニュージーランドでスカイダイビングした後、mixiにのっけたものです。

(スカイダイビングの写真は、『アドレナリンと秋の空』で見てね。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
〈以下2011年2月の日記より〉

あのー、ちょっと聞いてもらってもいいですか??
2月23日(水)にした、スカイダイビング(わりかし)直後の記述。
(以下、当日書いた、ワードからコピー)


つ・い・に。

やっちゃったー!

スカイダイビング!

空から落ちちゃったー!!

15000フィート(4575m)上空から!

雲、突き抜けた!!

またひとつ、夢がかないましたー。
小さい頃から、雲の中に入ってみたいと思ってましたが、
あれはー、冷たいのね。鼻が凍るかと思った。庄内に住んでる人ならわかると思うわ。
あの、吹雪の中、外を歩く感覚よー!

スカイダイビングはやるつもりなかったけど、
友人に勧められて挑戦、そんでもって小さい頃の夢がかなったわ。
そこまで考えてなかったけど。あはは。

あのね、あれはー、すごいよ。
とりあえず、上まで行くのは怖くなかった。けっこう、高いところ平気なの。
景色が、すごいきれいでね。怖いと感じるどころか、気持ちよかったー、見晴らしよくって。

実際に落ちているのは60秒くらいらしい。
けれど、すっごい長く感じた。
落ちてるのよ。ただ落ちてるのよ。
あの、ジェットコースターの落下してる胃の感じがずーっと続く訳。

叫んでたような気もするけれどーw 

インストラクターのお兄さん、むっちゃほれそうになるわ!
無愛想な感じで、はじめは話しづらかったけど、実は、優しい。ツボ!
そんでもって、くっついてみなさいよー。一緒に落ちてみなさいよー。
間違って恋にまで落ちそうだったわ!!   

空の澄んだ青と青みがかった渓谷の緑。
その間を流れる、翡翠を混ぜ込んだような川。
ちーーーさく見える、緑の草原の上に草を食む羊たち。

ああー。スキー。



以上。

興奮しすぎだってw

今読むと、おねえ口調になってるのが気になるwww

ちなみに、この日の夜は食欲が全く沸かず、夜も早めに床に着きました。
が、例によって興奮しすぎで寝付けず。。。

しかしすごいよ、スカイダイビングで出るアドレナリン!



(当時住んでいた)オーストラリアで、NZに行くって言ったら、みんな口を揃えて「スカイダイビングかバンジーするの?」って聞いてきた。そのたんびに絶対やんない!と答えていたが、、、、勢いで予約してみたら、こんなんなったwww


わたしもおすすめします!
ちなみに、一番高いとこから飛ぶのが一番おすすめ!

お世話になったところは、
Queenstownにある、nzone。
この周辺で、一番信用できる会社らしい!
http://www.nzone.biz/Skydive/


〈以上〉
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
日本語があやしいですね。。。
でも、興奮は伝わったでしょうか。楽しかったですよ。おすすめです、スカイダイビング。
[PR]
by komatsukyoko | 2013-09-28 00:30
d0258949_055044.jpg

空がずいぶん高く感じるようになりましたね。
晴れた日の空が見上げるだけでは、もったいないように思えます。
そして、上から見おろしたいなあ、なんて思ったりしてNZでのことを思い出すのです。
スカイダイビングした時のことを!

その直後の日記は、こちら→『大興奮のゆくえ。』

d0258949_053133.jpg

15000フィート(4575m)まで小さな飛行機で上がっていきます。
中には、このフライトでびびっちゃって飛ばない!と言い出す人も。

それよりも、「誰だ、これ?」ってくらい今のわたしと顔が違いますね。2年半のオーストラリア生活がほっぺを丸くし、アイラインを濃くしたのです。ほほほ。余談。

怖いのは、飛行機から飛び降りる時だけ。
空に飛び出すタイミングは、後ろにくっついてるインストラクターが決めます。
カウントダウンして有無を言わさずジャンプ!もう、そこから広がるのはすっごい世界。
d0258949_2172579.gif


空や海の青と下に広がる緑。下にてんてんになって見える羊。
雲の中も突き抜けて、ひたすら落ちてく。
耳の中がバリバリ音を立ててた。

d0258949_062555.jpg

地面が近づくと安心したような、まだ戻りたくなかったような。
パラシュートでゆっくり地面に降ります。

d0258949_064524.jpg

ッキャーーーー!ってくらい、大興奮ですよ!!
どうだった?ってきかれて、この後
「すごくよかった!」とインストラクターにハグしましたよ。
なんだこの会話。
……。



この体験が強烈で、あの日の天気に似た日には、
ニュージーランドでのスカイダイビングを思い出すのです。
稲穂の実るこの時期に、日本で飛んでも気持ちいいだろうなあ。

もう一回やりたいかときかれたら、もちろん!!
[PR]
by komatsukyoko | 2013-09-27 23:46
d0258949_0364540.gif

いただいたりんごで、
お菓子を焼こうと思案中。

涼しい季節はオーブンの前も居心地はいいのです。


(この絵をもとに、コースターを作りました。2013.09.28)
[PR]
by komatsukyoko | 2013-09-27 00:37
d0258949_0124986.gif

エイドリアン・ブロディ、やっぱりいい!!
と、改めて思ったのは、『デタッチメント 優しい無関心』を見て。

これは、エイドリアン演じる一人の臨時教師が主人公の映画。
Detachment Trailer Official 2012

周囲に決して深入りしない主人公が一人の少女と出会い、変わっていく話…
と言うのはあまりにも表面的すぎる。
映画の舞台はアメリカの高校。10代の不安・大人になってからの不安、
誰もが直面するかもしれない問題を浮き彫りにしていくストーリー。
そこには、いやなほど現実味を感じてしまう。
舞台はアメリカだし、社会の在り方も文化や背景も全く違う。
それでも、映画の冒頭でもあったように、「かつては誰もが生徒だった」ように、
『学校』という接点がいろいろなものを思い出させるからかもしれない。
そして、それぞれの登場人物が持つ外に向ける顔と内面とのギャップに
かつて自分の悩んだものを見るからかもしれない。

正直に書くと、この映画は何も考えないで気楽に見られるものと違って
だいぶ重い。でも、いつの間にかその話の中にどっぷり入り込んでいた。
見ることに力は使うけれども、ぜひ見てほしい映画の一本。

ちなみに、主人公と出会う少女役のSami Gayleがとっても魅力的!
誰も頼る人がいなく、荒れた表情だったのが、
年相応のかわいらしさを取り戻してくる演技もとてもよかった。
正統派の美人顔だと思う!


…あ。そういや、映画の中で気になることが最後まではっきりと
明かされずにいたけど…なんだかもう。いろんな意味ですごい一本。

エイドリアン・ブロディといえば、
『戦場のピアニスト』でアカデミー賞を受賞した俳優。
舞台上でハル・ベリーにキスをしたのも話題になってました。
公開当時、映画館で見たなー。またDVD借りてみてみよう。
彼の演技がとても好きだ。

『ダージリン急行』にも出演していました。
こちらは、インドを電車で旅する3兄弟の話。
何にも考えず、異国を旅する気分を味わいたい時におすすめ。
[PR]
d0258949_0152384.gif

バナナ、ブルーベリー、チョコレート。
[PR]
d0258949_2253182.jpg

みっちみちに箱に入って寝ている猫。
パウンドケーキにしか見えない。



お彼岸でしたね。
朝にお墓参り行ってきました。
明るい日の光での墓場は、清々しかった。
[PR]
☆名前・連絡先の記載は重要!

販促物には連絡先の記載をして!と思ったのは、ある印刷会社について。ネットで印刷用のサンプル紙を取り寄せたのです。届いたのは、社名が小さく書かれた茶封筒。その中に、サンプル紙のみ入っていました。封筒は必要ないのでゴミ箱へ。で、あとで気づいたのですが、そのサンプル紙の表紙にも裏表紙にも中にも『社名』も『連絡先』も書かれていないのです。ここに頼む気、一気に急降下。検索してその会社見つけたけど、ここまでめんどう。(よく見てから封筒捨てればよかったんですけどね。)

ネットで調べれば、他にも名刺を格安で印刷してくれる業者って本当に多数。その中から選ぶとなると何か印象に残るものが決め手となったりする。それは、価格だったり、選択肢の多さだったり納期だったり。その中で、名前と連絡先がわからない、って致命的。送られてきた時も、「一体誰から!?」というような風体は、まずいでしょ。

と、いうようなことがあったので、自分の時は気をつけようと思ったよ。基本はとっても大事。
[PR]