「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

d0258949_08230094.jpg
波が!

d0258949_08225357.jpg
来た!
d0258949_08223331.jpg
ぎぇあああ

先日、砂浜に描いた絵をSNSにアップした時のこと。

いつもの倍以上に反応があった。


夕日見たくて急いで出かけて

紙もペンも持って行かなかったから、

砂浜に転がっていた細長い流木拾って

波打ち際に絵を描いた。

小さい頃、こんなふうに遊んだなーなんて

思いながら。

(こういうのを戦略的かつ巧妙にできればいいのかな 笑)


他の人の持つものを羨ましがって、

自分の持ち物さえ見えてないなんてもったいない。

今自分が手にしているもので、

何ができるか。そっちの方が大事。

それに、自分にとっての「当たり前」が

他の人にとっては新しいものかもしれない。

それが誰かの日常に、少しでも+になったら、

うれしいよね。

借り物の個性より、

手になじんだ自分らしさを。

忘れがちなのでわたしも気をつけよ。



へばのー!



お知らせ
無料配布中!
「こまつきょうこのイラスト、こんな場面でお役に立ちます!」
を、実例を用いて紹介する冊子です。
冊子、送料ともに無料で配布しています。
こちらのフォームからも送付請求できます☆
d0258949_18302093.jpg

[PR]
d0258949_21514673.gif
好きなら好きって言えばいいのに。

わりと最近あった嫌がらせに、そう思った。

挨拶しても無視されたり、
3,4人横に並んでもすれ違える廊下で
わざとぶつかってこられたり、
こっちを見ながら、他の人に
明らかにわたしのことを吹聴していたり
地味ないびり方されたんだよね(笑)
それは何度も。

きっかけは、わたしがその人から聞かれた、
プライベートの質問に答えなかったから。
結婚とか恋愛とか、ほぼ初対面なのに
こんな下品な人に答えたかねーよって
思ったのが反応に出たのかも。
会って2度目か3度目かで
「そういうこと、
聞くのやめてもらえませんか?」って。
言い方にトゲがあったのかなー。
相手は、顔真っ赤にして怒り出した。
(…あれ…?え?理由がこれ?うーん??)
それから始まったよね。


はじめは相手の反応にビクビクしたし、
「こんなことされるわたしって…」と卑下もした。

だけどさ、途中から気づいてしまった。

この人、わたしのこと
好きなんじゃないか?って。(笑)

広くて騒がしい食堂でも、
廊下の一番はじっこからでも、
なんかこっちを見てるんだよね(笑)
目で追ってるの。
ほんとは、わたしのこと好きなんでしょ?(笑)
好きなら好きって言えばいいのに。

嫌いだったら視線なんかもったいなくて向けたくないし
どうでもよかったら視界にさえ入らない。

今はもうあからさまな嫌がらせはしてこないけど、
でもその人は、こっち見てるんだよね。
もう、わたしは視界にすら入れてない(爆)
わたしそんな暇じゃないし。

わたしこそ、いじわるですか?
歩み寄ればいいですか?
いや、もう、煩わされたくないんだよね。
わたしの時間は、わたしの好きな人たちに向けたい。
ゴミみたいなねじれた感情を
受け取ってる場合じゃないんだよな。
(向けられたとしても受け取るかは選択できる)

ああ、でも今思うと、
その嫌がらせが始まった時、
わたしはまだ好きなものに、好きな人たちに
遠慮がちだったかもしれない。
だから、これは
「好き」にもっとフォーカスしろ、
っていう練習だったんだな。


好きなら好きと言えばいい。
その気持ちに素直に従えばいい。
できないのなら、できるようになればいい。
それだけ。




へばのー!



お知らせ
無料配布中!
「こまつきょうこのイラスト、こんな場面でお役に立ちます!」
を、実例を用いて紹介する冊子です。
冊子、送料ともに無料で配布しています。
こちらのフォームからも送付請求できます☆
d0258949_18302093.jpg


[PR]
d0258949_01015358.gif
ハーゲンダッツ大好きなのに、
凍らせた甘酒(無糖)で
大満足してしまった。

甘酒が、こんなに濃厚な甘さだったなんて!!
衝撃だった。
時々、飲んでいた同じものなのに、
全く別物のような甘さだった。

断食中とその前後は、お砂糖使ったものは
口にしていなかった。
その影響なのだろう。
これまでは、
甘いもの大好きで、ほとんど毎日
何かしら食べていたから、
こんな日々はかつてあったかしら。

そして何より、こうして甘さの麻痺がとれて
素材そのものの特徴をはっきりと
味わえるようになったのがうれしい。

今まで、なんであんなに
お砂糖を追いかけていたのだ。

これからまた食べたくなるのかな。
でも、なくても大丈夫というのを知ったから
体の反応を聞いてみよう。

今まで「絶対必要!」と手にしていたもの、
それは思い込みだったと気づいたことは大きい。




他の変化:
断食終えた時点で、体重は4kg減
(一時マイナス5kg)、
お肌の調子もすこぶる良い。
ずっと乾燥気味だったのが、奥から潤ってる質感。
サイズは、下半身が特に変わったかな。

あと、お弁当生活に一転!
これまで、大好きなパン屋さんのパンを
お昼にすることが多かったけど、
今のところ朝に準備して、
毎日手作りの和食を食べてます。
(今までだったら、30分余計にあるなら
寝ていたい!と朝なかなか起きれなかったのに)

小麦粉とお肉を断って3週間。
お肉は徐々に食べて行こうと思うけど、
小麦粉なしはもう少し試したい。



わたしが断食でお世話になったのはこちら!
8月の募集も始まってます。
とっても丁寧にサポートしてもらえますよ!
体験したわたしへの質問がある場合もぜひご連絡ください^^
komatsu.kyoko@gmail.com


へばのー!



お知らせ
無料配布中!
「こまつきょうこのイラスト、こんな場面でお役に立ちます!」
を、実例を用いて紹介する冊子です。
冊子、送料ともに無料で配布しています。
こちらのフォームからも送付請求できます☆
d0258949_18302093.jpg




[PR]
d0258949_07464876.gif
考えすぎの木、頭に生えたら
体が根っこになってしまう。

足が重たいけれどさ、持ち上げて
えいっと部屋から出てみよう。

外の空気を胸いっぱいに吸ったら
また少し歩き出せるから。






へばのー!



お知らせ
無料配布中!
「こまつきょうこのイラスト、こんな場面でお役に立ちます!」
を、実例を用いて紹介する冊子です。
冊子、送料ともに無料で配布しています。
こちらのフォームからも送付請求できます☆
d0258949_18302093.jpg


[PR]

はい、割と本気で「ブサイク滅べ」って思ってます。


じゃあ、自分はブサイクじゃないのか

っていうとそうではない。


むしろ、ブっっっサイクな部分があると自覚がある。

だからこそ、「ダメ女子あるある図鑑」を描けるのだ。

あれは批判じゃないの?と聞かれればそうなんだけど

それだけじゃない。


「ネタだ!」と思うのも束の間、

他人にブサイクな部分を見つける度に、

自分のどす黒い、汚い部分が出てくるのだ。


”他人は鏡” どころか、もうね、バッサリ開腹されて

「そこにあるのは、同じものだろ?」って、

メスをさらに突きつけられる感じ。

そうすると、その部分から、

グラグラに煮え立った溶岩が溢れ出て、

身悶えながら焼き焦がされていく。


その人のような部分を持ったわたし。

もう克服したから、

もしくはコントロールできるようになったから、

忘れていただけ。

チラチラ見えていたのに、

気づかないフリをしていただけ。

そんなところを、"他人"の"ブサイク"は突きつける。


「この汚い部分を、お前も持ってるんだろ?」と。


だからね、他人にブサイクを見つけるわたしは、

それと同じ数だけ、発芽済みのブサイクや、

ブサイクの種、または化石を持っているってこと。


「ダメ女子あるある図鑑」を描けない日があった。

見たくもないものを自分の中に見つけて、

ダメージを受けたりね。

ネタはいっぱいあるのに、

それだけ自分自身の

ブサイクが刺激されていたのだ。


こんなの気づきたくなかったんだけど、ほんとは。


だから誰かと何かと本気で向き合うのは

勇気と覚悟がいる。

その相手や物事を知る度、

嫌でも自分の姿が見えるから。

近くなればなるほど、その濃度は増し、

感情の隅々まで刺激される。

自分のブサイクに向き合う確率が

格段にあがる。怖い。


じゃあ、そんなことしなければ、

ブサイクも刺激されずにきれいでいられるか?

そんな訳ないよね。

何が一番ブサイクかっていうと、

ブサイクな自分を知ろうともしないことなんだよ。

表面だけきれいなフリして、

中では煮えたぎるもの持ってるくせに。

そんなんじゃ、ハリボテは崩れる。

(当の本人だけ、周りを騙せてると思ってる)


自分の嫌な部分を見つけたら、そこがチャンス。

「今までブサイクさせてごめんね」って

労ってあげればいい。

きっとなんだけど、表にザワザワ出てきた

ブサイクな部分、見たくもない部分って、

ずっと隠した本当の望みがひねくれただけ。

その奥に隠れた本音、聞いてあげて。

そしたら、そのブサイクは消えて行くから。

そうやって続けていったら

この世にブサイクなんて

絶滅危惧種になるんじゃないかしら。

ブサイクやめて、かわいくなってもいいんだよ。





へばのー!


[PR]
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
食べ物をを楽しめない断食中は
見るのも触るのも
嫌になるんじゃないかと
思っていました。
食べられないものなんか、
近づきたくないって。

だから、断食中の次の3つのことがとっても意外でした。

d0258949_23164986.gif
1)毎日、料理したこと

はじめ、食べ物を見ないようにしました。
食べれないストレスになるかな、と。
でも、それが正反対。
食べ物に触れないことの方がストレス!
と、いうことで家族の食事を
毎日作っていました。
実は、食べたいとは思いませんでした。
きっと、昔に飲食店でバイトした経験のおかげ?
「これは、わたしのものではない」と
きっぱり線引きできました。
あと、家族の好みのものばかり作っていたから、
というのも大きいかも!

d0258949_23231964.gif
2)文字でもお腹いっぱいになったこと

断食1日目にブックオフで見つけた
料理がテーマのエッセイ集。
様々な料理や食材が登場するこの本を、
半身浴しながら読みました。
お腹減るかと思いきや。
意外にこちらも満腹中枢を刺激。
読んで満足してしまった。
沸き上がる食欲と「食べたい」は別物だ。

『おいしいごはんの ためならば』平松洋子著
エッセイのみでなく、レシピや
平松さん愛用の調味料などの情報も満載。

d0258949_23171861.gif
3)食べ物は世に溢れていても、
食べたいもの・必要なものは
そんなにないということに気づいたこと

食べない状態も慣れてきた3日目。
用事があって出かけた帰り、
やまやに寄りました。
食べる楽しみを、
視覚から満たそうという魂胆。
トマトソース作ろうとしていたので
オリーブオイルを買って満足。
あんなに食品が勢揃いなのに、
一通り店内を歩いたのに、
買いたかったのはそれだけ。
本当に食べたいものも、
必要なものも、実はそんなになかった。

普段あれこれ食べたがっていたのは、
一体、何の欲求だったんだろう?



この3つを通して気づいたのは、
わたしはやっぱり食べるのが大好きだ。
そして、食べ物たちが愛おしい。

そして、もうひとつは、
情報を与えると意外と
食欲は満たされるということ。
きっと、頭で「食べたい」と”思っている"から、
その頭で処理できる”情報”が有効なのかも。
お腹はその時、本当に食べ物を欲しているのか、
までは頭は理解できていないような気がした。

もう、こんな経験しただけで、
見知らぬ国を旅した気分だ。
パスポートのいらない、だけど
想像もできなかった場所に来た感じ。

ふおお。



わたしがお世話になっているのはこちら!
しっかりサポートしてもらえます。


へばのー!



お知らせ
無料配布中!
「こまつきょうこのイラスト、こんな場面でお役に立ちます!」
を、実例を用いて紹介する冊子です。
冊子、送料ともに無料で配布しています。
こちらのフォームからも送付請求できます☆
d0258949_18302093.jpg





[PR]
d0258949_22521221.gif
1日目の一番悲しかった事実。(その日のクロッキー帳から)


気になったら、やってみればいい。
いや、もうやるしかないよね。

ずっと気になっていた断食、
やってみました。今日5日目です。
(明日から回復食)
意外と普通にお腹が空いているくらい。

見た目も体重も変わったけれど、
何より頭の中の霧が晴れた感じに驚いた。

そうそう、これこれ!
やる前とやった後、何が変わるか
身をもって知りたかった。
その最中に、自分がどう感じるのか
知りたかった。

初めてだったから怖かったけど
興味の方が強くなって実行。
(はじめ3日間だと思って申し込もうとしたら
5日間だったけど、勢い 笑)

理由をつけてやらないことも選択できた。
でも、それなら、これまでと同じ。
興味のある方向へ進まない方が違和感大きいよね。

何かしたいけど、どうしよう、って悩む時
怖いという感情だけが足を止めるなら、
そのまま進んでOKのサイン。
気になったら、やっちゃえ!


わたしがお世話になっているのはこちら!
山岡玲子さん主催、グループファスティング
しっかりサポートしてもらえます。


体や気持ちの反応で、結構驚くこと多々…
詳細はまた後ほど!



へばのー!


お知らせ
無料配布中!
「こまつきょうこのイラスト、こんな場面でお役に立ちます!」
を、実例を用いて紹介する冊子です。
冊子、送料ともに無料で配布しています。
こちらのフォームからも送付請求できます☆
d0258949_18302093.jpg






[PR]

d0258949_17073645.gif

正義の味方って、いつも苦しそうだ。

そのかわり、敵となる悪者たちは

心の底から楽しそうなんだけどね。

(あとオシャレ)


自分の在り方に苦悶しつつも、

あらゆる逆境を経て悪を倒す…

ってのが、求められるヒーロー像なんだろうな。

でも、この人、しあわせなのかね?


なんかいつも

「これが俺の使命だ」なんて眉間に皺寄せて、

自分の欲求を押さえつけ、

正しくあることに忠実だ。


反面、悪者たちってどこか楽しそうだぞ。

やってることはアレだけれども、

己の欲望に忠実だ。


なんだろ?

ヒーローの ”他人を意識している姿” より

悪者の "俺らは俺らで好きなことやる。

でも、道を塞ぐものはとことんぶっつぶすぞ。”

てな方に心惹かれてしまうのは。



無駄なヒーロー信仰って、

ただ、自分自身のどす黒い感情を

見たくないからじゃないの?

影の部分を見たくもないから、

目線を光にだけ向ける。

だから目が眩んで

余計に周りが見えないんだよ。

光に向かって立てば、

自分の後ろにだって影ができることに気づかない。


そのどす黒い感情、

消せるものなら消した方がいいけれど、

飼い馴らしてみせるのも手。

光の燃料にでもしてみればいい。

”明るい”だけ、って

薄っぺらいってことでしょ?





悪役がヒーローを完全に喰った映画

ダークナイト』(注:リンク先のサイト、音が出ます。)

悪役・ジョーカー演じるヒース・レジャーが

完全に神懸かっている。

よって、バットマン役のクリスチャン・ベールは

好青年なのにかなり地味。

ヒース・レジャーの演技がもう見れないのが残念…。


へばのー!

お知らせ
無料配布中!
「こまつきょうこのイラスト、こんな場面でお役に立ちます!」
を、実例を用いて紹介する冊子です。
冊子、送料ともに無料で配布しています。
こちらのフォームからも送付請求できます☆
d0258949_18302093.jpg



[PR]
d0258949_07450654.gif
先週は、いろんな変化に体がびっくりした感じ。
食事含め、生活を見直すチャンス!

大好きなパンをやめました。
もともと食べる量の少なかったお肉も。
今までは甘いものたくさん食べてたけど、
それもカット!
(チャイとお惣菜で少しは摂取あり)
ほとんど食欲なくなったので、
流れで始めた感じですが、
お肌の調子がぐぐっとよくなって驚き。

今週末から大きなチャレンジ。
またレポートします!


へばのー!


お知らせ
無料配布中!
「こまつきょうこのイラスト、こんな場面でお役に立ちます!」
を、実例を用いて紹介する冊子です。
冊子、送料ともに無料で配布しています。
こちらのフォームからも送付請求できます☆
d0258949_18302093.jpg

[PR]