<   2016年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

d0258949_22540080.gif

みたじゅんさんさんは、まるで魔法使い。
お話してると、ときめき度があがるあがる!!

先日、アロマの無料相談をお願いしました。
Skypeで、みたじゅんさんに質問ができるサービスです。
詳しくは、こちら
(ブログ記事の下 ピンクの四角内3つ目の項目にあります)
d0258949_01105869.jpg

やばいです!
みたじゅんさんの明るくキュートな笑顔に
キュンキュンせずにいられませんでした。

みたじゅんさんのように、好きな人たちと
その気持ちを心から大切にしている女性は
本当のかわいらしさがあると強く思いました。
あのですね、みたじゅんさんとお話すると、影響されて
自分なりの女性らしさがどんどん出てくる感じです。

イケメンを目にしてキャー!
っていうのももちろん女子力を出したくなる気もしますが、
みたじゅんさんとのお話は、女性らしさが底上げされる感じ。
自分の持つ、自分なりの女性らしさに光を当ててくれます。
こんな魅力をアップしたい、もう少しこうなりたい、という
乙女の欲望…願いに寄り添ってアロマを選んでくれますよ!
香りって、気持ちに大きく影響するものだから、
毎日の生活にうまくとりいれたい。
アロマをどう活かせるか知りたい…
そんな時に、みたじゅんさんに相談してみるといいと思います!



画面から恋のカラーのピンクがあふれてくるイメージでした。
はあ…幸せオーラってこのことだ…♡



へばのー!


[PR]

d0258949_23251265.gif
だけど、
d0258949_23263770.gif

いくら好きな相手でも、憧れの人でも、

なんでも鵜呑みにできないし、

なんでも頷きはしない。


それは、わたしの考えと違うなって思ったら

それはそれでOKでしょ。

わたしの考えはわたしが考えたこと。

相手の考えは相手の考えたこと。


共通点があったら、

それはもちろん、うれしいのだけど、

考え方や意見、感じ方は全く別もの。

好きだから、憧れだから、と

100%同意して、

同化するのは違うんだよな。


持つものが違うからこそ

見えるものがある。

その上で、時間や好きなもの、

意見が違うんだって考えすらも

共有できるのが、うれしいよね。






こちらの記事もどうぞ

ひとりひとり それぞれが 異世界


へばのー!


[PR]
d0258949_23580522.jpg
こうなりたいな、って未来があったら、
決めればいいんだ。
そうなるんだ、と。
そこへ動いていくのだと。




[PR]
by komatsukyoko | 2016-09-23 23:59
d0258949_21455243.gif

誰かのほめ言葉に合わせて

何着もよそ行きの自分を着替える。


そうじゃない自分を出したら、

途端にそのほめ言葉は

取り消しにされそうで怖い。


素の自分は、自分の理想と違う。

他人のほめ言葉に自分を合わせて

いつの間にか素の自分を

ますます出せなくなっていた。


どんどんと他人のほめ言葉と

素の自分が離れていく感覚。

これさえ見せなければ

他人が見るキラキラした自分でいられる。


…そんなこと、しなくていいのにね。

誰かと仲良くなりたい、

もっとこの人のことを知りたいって思う時

いつもよそ行きの上着の姿だけを

知りたい訳じゃない。


無理して隠そうとしなくていいのに、

素の部分。

いいところだけ見せようとしてるのかな

なんて気づくとちょっと寂しい。

誰かを好きになるときは、

自分に都合のいい部分だけ好きになる訳じゃないから。

隠したい部分にも、魅力はあるはずなのにね。

魅力にも、隠し切れていないことにも

気づいていないのは本人だけだったり。

いつも通りの呼吸してる姿を、見たいよね。






へばのー。



お知らせ
無料配布中!
「こまつきょうこのイラスト、こんな場面でお役に立ちます!」
を、実例を用いて紹介する冊子です。
冊子、送料ともに無料で配布しています。
こちらのフォームからも送付請求できます☆
d0258949_18302093.jpg

請求したのに届いていないよ!という方が
いらっしゃいましたら、お手数おかけしますが
再度komatsu.kyoko@gmail.com
またはこちらのフォームへご連絡お願いいたします。
よろしくお願いいたします。

[PR]
d0258949_22370644.jpg

誰かに未来を決めてもらいたいなら別だけど。

不安だ、心配だ、
と不要なものを手繰り寄せてる暇があるなら

一度、それを全部捨てて、
好きなように未来を思い描けばいい。

素直に、正直に、
自由に、そして盛大なくらいワガママに!

たとえ、今がそうじゃなくとも、
そうなるように進めばいい。

未来とは、決まった何かを
今からなぞって行った先ではなく、

今のわたしが決めること。
わたしが動いて作っていくものなのだ。
それだよね。

…どうしても、というのなら。
運命と呼んでやってもいいよ、
わたしの歩いた後ろに残った足跡を。





へばのー!
お知らせ
無料配布中!
「こまつきょうこのイラスト、こんな場面でお役に立ちます!」
を、実例を用いて紹介する冊子です。
冊子、送料ともに無料で配布しています。
こちらのフォームからも送付請求できます☆
d0258949_18302093.jpg

請求したのに届いていないよ!という方が
いらっしゃいましたら、お手数おかけしますが
再度komatsu.kyoko@gmail.com
またはこちらのフォームへご連絡お願いいたします。
よろしくお願いいたします。

[PR]
d0258949_20473394.gif
清楚な見た目とのギャップに萌える。
お片づけは百戦錬磨、
お片づけ魔モモちゃん

先日、モモちゃんが
お片付けのWEBモニター
というのを募集していて、
申し込んで受けてみました。
なにやらWeb上で、
お片づけ指南をしてくれるとのこと…
お問い合わせ等は、
モモちゃんのブログでご確認いただけます)

結論から先に!
モモちゃんに相談して一番よかったことは、
「わたしの部屋の状態に合わせて」
解決策をもらったこと。

本屋さんへ行けば、片づけについての本は
いくらでも見つかる訳です。
そして、わたしも過去に数冊読んでいました。
でも決定打がない。スッキリしないのです。
「ああ わたしは落第生なのだ」と
思っていました。

ところが!
Skypeの画面の向こうのモモちゃんは
そこもよくわかってくれている。
誰かにとって素晴らしい方法でも、
それぞれの生活や性格などで
やりやすい・やりにくいというのは
出てくるということを。

そこで、モモちゃんの出番。

兵庫に住むモモちゃんが、
Skypeの画面やiPhoneから送った画像で
山形県に住むわたしの部屋を診断。

辱めを受ける覚悟で散らかった部分を
PCのカメラにさらす。。。
布で覆ったところも、たんすの中も。

見せれば見せるだけ、
そこから片づける方法にたどりつけるから、
どうしようもなくなっていた見せたくもない場所こそ、
モモちゃんにみてもらうべき!

百戦錬磨の彼女は、
あなたが「衝撃映像になるかも」
と思っているような状態では
全く動じません!

まさしく、野戦病院で救急手当を続けるドクターのよう!!

後日、お片付けマニュアルと
わたしに合わせて書いてくれた
お片付け案を送ってもらいました。

その通りにしていくと
めっちゃやりやすい!!
今までいろんな本読んで
途中で止まってたのは何だったんだってくらい。
これがプロに直接お願いする醍醐味だと思うのですよ。
「こうしたい」って要望に
それぞれオーダーメイドで提案してくれる。
家の中のことって、
なかなか他人に相談しづらかったりします。
でも、そのヒントをもらえば
毎日の暮らしがもっと快適になるはず。
お片づけに時間がかかってしまう、
片づけがうまくいかないという方にぜひオススメです。


画面のモモちゃんの印象は、
賢そうな奥様!!!!
真っ白な割烹着を着て
キリッとした和室が似合いそうな女性。
お話も丁寧にきいてくれて
切れ味のいいアドバイスくれますよ!

猫が大好きだそうで、
うちの飼い猫を画面に登場させたら
めちゃめちゃ喜んでもらえて
わたしもうれしかった 笑


へばのー!



お知らせ
無料配布中!
「こまつきょうこのイラスト、こんな場面でお役に立ちます!」
を、実例を用いて紹介する冊子です。
冊子、送料ともに無料で配布しています。
こちらのフォームからも送付請求できます☆
d0258949_18302093.jpg

請求したのに届いていないよ!という方が
いらっしゃいましたら、お手数おかけしますが
再度komatsu.kyoko@gmail.comへご連絡お願いいたします。
よろしくお願いいたします。

[PR]
d0258949_21470689.jpg
和梨のパウンドケーキ!
砂糖とお酒で煮たら
洋梨やりんごのように
甘みが強くなくとも
◎でした。
シナモン多めも合うんですね。

参考にしたレシピはこちら
・小麦粉のかわりに米粉
・バターのかわりに菜種油
・白ワインのかわりに柑橘のリキュール
・三温糖のかわりにきび砂糖
と、おうちにあるもので代用しました。
(油にしたので生地が柔かめ)

型が大きかったため、
粉を約1.5倍にしていますが、
砂糖の量はレシピ通り。
じゅうぶん甘く煮た梨が
生地にも入るので、
もっと減らしてもよさそうです。

和梨をたくさんいただいた時など
そのままで食べきれない時にどうぞー!


[PR]
d0258949_23104203.gif
泣きついてきた相手の味方をしたくなる。
だけど、泣かせた相手をよく知りもせずに
悪者扱い…というのは、誰得なんだろね?



ちょっと前にあったことだけど…
AさんとBさんがケンカしたらしい。

もともと知っていたAさんが
わたしにそう言って
Bさんのことを悪く言い始めた。

Bさんのことは顔見知り程度だったけど
「Aさんに、こんな思いさせてひどい!」
という思いが出始めた。
わたしもBさんに関わるのやめようかな…

これって、どうなのかな?
Bさんよりもよく知っているAさんに
肩入れしてしまいそうになるけど。

だけど、Bさんがどう考えているかなんて
聞かなきゃわからない。
そもそもBさんのことは、よく知らないし。

片方からの意見で一人の人への見方を
変えてしまうのって、
実はとても危なかったりしない?
自分の目で見る前に、判断するのって…。

Aさんの立場からしたら、
もちろん、わたしに同意して
ほしいのだろうなと思うのだけど。

でも…
Bさんのことも、直接知ってから
考えたいな、というのが正直なところ。

…というのは、過去に
わたしがBさんのような立場で
Aさんの知り合いに離れていかれたり
以前と違うよそよそしい態度を
とられたことがあったから
余計そう思うのかも。
居心地悪くなったし。

あー、でも、他人の意見だけで、
ものごとを決めつけて判断する人は、
こちらから願い下げだけどねー。



へばのー!



お知らせ
無料配布中!
「こまつきょうこのイラスト、こんな場面でお役に立ちます!」
を、実例を用いて紹介する冊子です。
冊子、送料ともに無料で配布しています。
こちらのフォームからも送付請求できます☆
d0258949_18302093.jpg

請求したのに届いていないよ!という方が
もしいましたら、お手数おかけしますが
再度komatsu.kyoko@gmail.comへご連絡お願いいたします。
よろしくお願いいたします。

[PR]
d0258949_20182862.jpg

稲刈りももうすぐ。
田んぼは、実った稲穂で黄金色。
この時期照らす夕日は
べっこう飴の色で周りを包む。
柔らかく、柔らかく。







[PR]
by komatsukyoko | 2016-09-15 20:11
d0258949_23123804.jpg
いじめっこに「ごめん」と言われたら、
許すとか許さないとかもうどうでもよくなっていた。
からの続きです。



........................................................................................................


同窓会、なんだか居心地が悪かったね。


小学生の頃、きょうちゃんのこと、いじめてごめんね。

わたしは、きょうちゃんのことうらやましかったんだと思う。

ご両親に愛されて幸せそうだったこと、

たっちゃん(わたしの初恋の相手!)を

好きって言えるまっすぐな気持ちを持ってることを。


あの後、ずいぶんわたしは後悔して苦しんだ。

自分の未熟な感情で、きょうちゃんのこと

いっぱい傷つけた。

わたしが苦しんだのは当然。自業自得。

でも、やっと謝れた。ごめんね。

........................................................................................................

(文章は変えてありますが、

内容は上のようなことが

書かれていました。)



当時は、ほんと嫌なやつ!とも思ったけれど、

わたしは彼女みたいになりたかった。

かわいくて、なんでもできて。

でも、彼女は彼女で、

わたしのことをうらやましかったなんて。

お互いずいぶん誤解していた。


なんかね、もう、彼女のこと、

許すとか許さないとか

そういう次元じゃなくなってた。

その手紙を読んだから。


彼女があの頃どんな思いで

過ごしていたのかということ、

彼女も自分の何かと戦ってしまったこと、

そういうことがわかって、

わたしはもう充分だった。


彼女に対する嫌な思いも、

それをはねつけなかった弱い自分も、

もういいや、ってスッと消えていった気がした。

びっくりするくらい、跡形もなく。


きっと、なんだけど。

当時、彼女の内面が

見えそうで見えなかったのが

不安だったのかもしれない。

勝気なところと

わたしに向ける口調の強さに

少しのずれが見えていたから余計に。


10年近く経ったあと、

文字にして手紙を出すこと、

かなり勇気が必要だったと思うんだ。

なかったことにしたくもなるし。


お互い住む場所が変わって、

手紙のやりとりはなくなった。

もうあれから会っていないのだけど、

きっと今もかっこよく生きていると思う。


元気でいてね。













[PR]