「ほっ」と。キャンペーン

d0258949_23311892.gif
旅から普段の生活に戻ることを

「夢から現実に戻る」という人も

いるのだけれど

わたしにしてみたら、どちらも

同じくらいの重さの

ひとつづきの現実だ


夢の旅先だったとしても、

足を動かせばそこから現実となる


普段は離れたその場所で

気持ちを開くほど

新しい景色が胸に飛び込んでくる

そうして揺さぶられた感情が

どうして夢なのだ







[PR]
d0258949_00072916.jpg
Airbnb 利用してみたいけど不安…という方はいませんか?
わたしはそうでした!

初めて利用したのは、
2015年年末から2016年年始にかけての旅。
日本、エストニア、ロシア、と国内海外両方で
3部屋に滞在しました。
これが、予想以上に旅を盛り上げてくれたのです!

でも、実際、利用するまでは、「大丈夫かな?」と思いました。
知り合いが、「Airbnbはもう利用しない!」と
言っていたのも聞いていたので…。
でもその反面、「本当にそんなにひどいものかしら?」と
興味も強くなりました。

では、どこに不安があるのか?
大きくわけると、わたしの場合は3つあげられました。

1.新しいシステムを使うことへの不安

2.知らない人の自宅に宿泊することへの不安

3.困ったときの相談窓口の対応への不安


それぞれ、どんなふうに解消したか、
次に書いていきますね!
(以下、「ホスト」は、宿泊場所提供者のこと、
「ゲスト」が宿泊者を差します。
 Airbnbでの呼び方に合わせています。)


1.新しいシステムを使うことが不安!

この不安を大きく占めるのは、
支払いについてではないでしょうか?

Airbnbの支払いシステムは、
他の予約サイトとほとんど変わりません。

「知らない人へお金を払うのが心配…」と
思いましたが、Airbnbが間に入ってくれるので安心。

支払いは、登録したクレジットカードから
Airbnbが引き落とし、ホストへ支払う仕組みです。

と、いうことでシステム自体への不安は解消!



2.知らない人の自宅に宿泊することが不安!

これは…お互い様ですよね(笑)
ホストだって、知らない人を家にあげる。
習慣や文化の違う国から来る人だっているのに!
ということで、こちらから宿泊先への不安は、
「この人の家で過ごして大丈夫なのか」ということです。
これは、ホストとのやりとりをひんぱんにすることで解消されました。
やりとりしていると、だんだんと
どんな人か見えてきますね。

メールでも、会話を始めたら、
もう全く ”知らない人” ではないですね!

※どんなホストなら、滞在が楽しくなるか!?
その共通した特徴も後日アップします!



3.困ったときの相談窓口の対応が不安!

ホテルや一般の宿泊施設なら
フロントが相談役になりますね。
Airbnbでは、どうなるのでしょうか。

1)Airbnbに質問!
国内からと海外からの問い合わせ電話番号が
サイトに記載されています。
(日本語対応、国内は無料で通話可)

また、メールでも質問でき、
こちらのレスポンスもほぼ一日以内でした。
対応もいい印象があります。
どこぞの予約サイトのように
ひたすら待たせられることもなかったぞ!
しかも通話料はかけた人持ち)


2)ホストに相談!
Airbnbでも、宿泊をなりわいにしているホストもいて
フロントデスクのある宿もありました。
しかし、基本的には一般の住宅の一室や
建物すべてを借りる場合が多いです。
それなら、住まいと周辺環境を熟知した
ホストに質問や相談をするのもとっても有効。
海外の方も旅好きの方がホストをしていることが多く、
英語の得意な方も多いです。
中には、日本に留学経験のあるという方や、
現地の大学で日本語を習っていて
日本語OKのホストもちらほらいました!

ここまで来たら、もう宿泊への不安よりも
期待の方が勝っていました!


あと気になったことといえば…
同じ建物にホストも同居しているなら、
逆に気まずくならないかな?と思いました。

でも、そこは、いくらお金を払っていようが
「ここは、わたしはおじゃまさせてもらってる立場」
という姿勢は保ちました。
お互いの条件が合って、滞在が成り立つこと、
お互い快適で対等な立場でいたいと思ったためです。
そこを忘れなければ、困ることはないように思いました。



ここから登録すると初回宿泊時に利用できるクーポンがもらえます。
(使用方法は、サイト内参照)
わたしが登録した時より金額が大きい…!


こちらも参考に!


Airbnbについてもっと聞きたいことがありましたら、
ぜひ「かさこ塾フェスタ」で声をかけてくださいね!

へばのー!

d0258949_00052900.jpg
かさこ塾フェスタ、わたしも出展します!
内容は、次の通り!
・旅をテーマにしたイラストの展示(旅気分、味わえます。)
・イラストを元にした、ポストカードや雑貨の販売。
・「旅のお話、します・聞きます!」旅に出たいけど、どうしよう、って方の背中押します!
 英語や食事、一人旅についての不安は軽減できるもの!こまつがコツをこっそり教えます。

〜休日、ちょっとだけ世界旅行の気分になれますよ!ぜひ会いに来てくださいな!



6月29日〜7月1日


セルフマガジン『こまつきょうこBOOK Vol. 01』
Web版 こちらで公開中

こまつきょうこ HPに新トピック追加!イラストが、みなさまのお役に立つ時

*似顔絵、挿し絵、漫画など…お問い合わせください☆
komatsu.kyoko@gmail.com

こまつきょうこ


[PR]
d0258949_16273045.jpg

旅の対極は "home" ではない。

home とは、始点となる場所。
還るべき場所と限らない。

一つ所に落ち着いてこなかったとしても、
原点となったものを、皆 内包している。

そうして皆、抱えたまま旅に出るのだ。
途中、形を変えたり手放したり、
別の経路で再び手にしたり。

足が外に向けば、目も外を見るだろう、と思いがちだけど
実は、外へ行けば行くほど、その抱えた home を知ることになるのだ。

遠くへ行けば行くほど、すぐ近くにあった物事や
自分の中に根付いていたものが、どんどん鮮明になっていく。

そういうことを、もう一度、思い出した。
わたしにとって、旅とはそういうものだ。



d0258949_17523952.jpg

奄海るかさんが、わたしに引いてくれたオラクルカード。
公開リーディングに参加し、「展示」について問いかけました。

出たカードは "Home"
「あったかく、家に帰ってきたようなモンにして」と、るかさん。

え!?えええ!?
だって、展示のテーマが「旅」ですよ!
Homeからアウェイになるじゃないか!全く逆!と思ったのですが。
冒頭に書いたことを思い出し、スコン、と腑に落ちました。

(そう、忘れていた事や見えなくなったしまったことを、
パッカーンと見させてくれるんですよ!るかさんのカードは!
ドンピシャ過ぎて、毎回笑うしかなくなるんですよ。ドキドキ)

頭の中と頭の上の空気が風通しよくなったくらい気持ちいい。

さ、準備に精出すよ〜〜


公開リーディング…るかさんが、Facebook上で不定期で行っています。
一言だけ問い合わせすると、るかさんがカードを引いて、関西弁で一言答えてくれるのです。




へばのー!
d0258949_00052900.jpg
かさこ塾フェスタ、わたしも出展します!
内容は、次の通り!
・旅をテーマにしたイラストの展示(旅気分、味わえます。)
・イラストを元にした、ポストカードや雑貨の販売。
・「旅のお話、します・聞きます!」旅に出たいけど、どうしよう、って方の背中押します!
 英語や食事、一人旅についての不安は軽減できるもの!こまつがコツをこっそり教えます。

〜休日、ちょっとだけ世界旅行の気分になれますよ!ぜひ会いに来てくださいな!


セルフマガジン『こまつきょうこBOOK Vol. 01』
Web版 こちらで公開中

こまつきょうこ HPに新トピック追加!イラストが、みなさまのお役に立つ時

*似顔絵、挿し絵、漫画など…お問い合わせください☆
komatsu.kyoko@gmail.com

こまつきょうこ


[PR]
d0258949_19505175.jpg


目新しかったはずの風景に
お別れの名残惜しさ

振り返りつつ足を進める








セルフマガジン『こまつきょうこBOOK Vol. 01』
Web版 こちらで公開中

こまつきょうこ HPに新トピック追加!イラストが、みなさまのお役に立つ時

*似顔絵、挿し絵、漫画など…お問い合わせください☆
komatsu.kyoko@gmail.com





















こまつきょうこ

[PR]
お役立ちアプリ(1)
d0258949_06270029.jpg

Yandex Metro
ロシア国内、ウクライナ等近隣の主要都市の地下鉄マップ。

ダウンロードすると、ネット接続なくとも乗り換えを検索できます!

英語とロシア語が選択可能。

サンクトペテルブルグの地下鉄は、とってもわかりやすいのだけど、
手元で検索でき、かつ所要時間がわかるのが安心!


お役立ちアプリ(2)
d0258949_06270107.jpg

Yandex Maps
各都市ごと地図がダウンロード可能、オフラインで検索できます。
もちろん、ネット接続できる状態であれば、
ダウンロードせずに使えますが、カフェやお店でのWiFiのみでネット接続していたので
街なかでオフラインで使えるのは便利!



Yandex は、ロシア最大の検索エンジンだそう。
この名前で検索すると、他にもアプリがありました。

これからロシアへ旅する方におすすめですよー!













[PR]
d0258949_13563590.jpg

だいぶ過ごしやすくなりましたが、日中の日差しはまだ熱い!
そんな時、涼しくなれるデザート、オーギョーチィがおすすめ!

場所は、東京藝術大学からも近い、『愛玉子(オーギョーチィ)』。
デザートの名前がそのまま店名!

d0258949_13564022.jpg

ちょうど、谷中から東京藝術大学の美術館に向かう途中にあったので寄ってみました。
うん、自称「オサレ女子」や、「オサレカフェにしか通わないの♡」という
ものごとの上っ面しか見ない人にはオススメしない。

20歳くらいの女の子2人が、店の前で「ここだね…」「どうしようか」とやりとりをしていた。
そこを迷わず扉を開ける30代のわたし。ふはは。

お店の中は、独特な雰囲気!昭和の重厚な歴史が店内に染み込んでいます!!
(店内の撮影はNG、オーギョーチィだけならOKと許可もらいました)

d0258949_13564384.jpg

食感は、柔らかいけど弾力のある、ゆるめのゼリーのよう。
寒天はシャクシャク感があるけど、それとはまた違う。
レモンシロップに浸っています。このシロップ、ガツンと甘め。
しかし、この食感がクセになり、どんどんスプーンが次の一切れをすくうのです。。。

d0258949_13564616.jpg

メニューは他にも!
説明書きには、「腎臓の妙薬」とある!夏の冷房で弱った腎臓にいいではないか!!
(むくみやすい人は、気付かない間に冷えで腎臓が弱っているのが原因…も有り得るそうです。)
ただし、その前に「カロリーは米食と同じ」とあるけどね!!



著名人も通っていたお店らしいです。
わたしの憧れの画家・版画家、東山魁夷も通ったらしく、「お、同じものを食べられるのか…!」と感激しました。
歴史に浸りながら腎臓をいたわるのもいいかも!




お店について:

愛玉子 (オーギョーチィ)



店内は喫煙可のようです。
わたしが入った時は他のお客さんがいなくて煙草の煙に嫌な思いはしませんでした。
時間帯によって空いてるときを狙うのもいいかもしれません。





イラストの発注、連載のお仕事など、ご依頼はこちらまで!
komatsu.kyoko@gmail.com

「こまつきょうこ、ってどんな人?」がわかる自己紹介冊子:『こまつきょうこBOOK Vol. 01』
Web版はこちらでご覧いただけます!

[PR]
d0258949_07072529.jpg
眼鏡屋さんで、ランチ!?
そうなんです!

場所は、成田空港から一つ目の駅、JR佐倉駅からすぐの『眼鏡のとよふく』さん。
そこで初めて眼鏡を作る時、検査をしてくれた豊福さんは、わたしの偏っていた食事を見抜いたのでした。。。


「卵、食べ過ぎのようですね。」

えっ?あ!卵!?
はい、卵を使ったお菓子をよく焼くので、いっぱい食べているかもしれません…。

これ、眼鏡屋さんでの会話である。

当時、卵を使うシフォンケーキにハマり、自宅用にも贈り物用にもよく焼いた。
評判も良く、時々頼まれることもあり、家の冷蔵庫には常に卵があった。
バレバレ。

と、わたしのように、食事の偏りに気付かないままでいると、体にも眼にも負担をかけることになる。
食べるものが、体に、もちろん眼にも大きく影響するのだ。
そのことをよく知ってもらうため、とよふくさんからの「食」の提案として、ランチを出しているそうです。



メニューは、マクロビオティック料理(動物性・砂糖・添加物不使用)の日替わりランチのみ。

最近は、そういうお店も増えましたが…

こういうランチって、物足りないんじゃないの?
だって野菜だけでしょう?と、思う方もいるかもしれません。
これが!食べ応えもたっぷり。
量も多い方だとは思いますが、一品一品の調理方法、食感、味付け、が
変化に富んでいてそれぞれの満足感が高いというのも、食べ応えの理由です!
d0258949_22591568.jpg
この日のメニュー:
主菜)車麩の照り焼き丼(写真1枚目)
副菜4種類)紅大根・油揚げ からし添え/蒸し焼きスパイシーポテト/きゅうりの正油ソテー/ピリ辛みそ 春雨炒め(写真2枚目)
スープ)モロヘイヤ、大根、椎茸の白みそ汁


店舗の中に、ランチ用のスペースがあり、2日前までの予約で食事ができます。
眼鏡を作らなくても、ランチだけの予約も受け付けているそうですよ。
(条件等、変更する場合もあるかもしれません。ご確認お願いします!)



d0258949_07072613.jpg
カフェオレも、大きめ器にたっぷり。
この日のスイーツ、「ココナツオイルのチョコレート」がものすっごくおいしかった!!!
口の中に入れると、スーッと溶けていく。余計な味のしない味!


お店自体の雰囲気もとても良く、接客も気持ちのいいところなので、
ここに来るだけで体がすっきりする感じ!
成田空港方面に用事がある時は、わざわざ寄ってみてほしいくらいオススメ!!



[PR]
d0258949_23121652.jpg


一回、その石頭をぶっ壊してこい、

と言いたくなることもある。



昔、こんなことがありました。
オーストラリアに行く前、働いていた職場に、新しい女性が入ってきた。
60−70名くらいいる中で、10名くらいが期間の決まった契約社員。
わたしもその10名のうちの一人。そしてその新しい人、Aさんも。
女性はベストとスカートの制服はあったものの、中に着るシャツや靴下・ストッキング、
内履きは自分で用意するんだけど、上はえり付きシャツに足元は黒が多かった。
Aさんが入ってきてしばらくすると、
「なんか変わったものばかり身につけている」と噂を始めた人Bさんがいた。
で、何かあるたんびにBさんはAさんの話をする。
まあ、たしかに、色使いとか、違うと言えば違っていたかも。
しかし、わたしは、他人の選ぶものは正直どうだっていい。
例えば、悪臭を放つとか(!)、害を及ぼさない限り、ほんとどうだっていい。
まゆげがなかろうが、変な模様の靴下を履いていようが、どうでもいい。
そんなことより、あいさつ返してくれないとか、電話も気付かないふりするとか
そういうのは「おい!」と思うけど。

そのBさんは、どんどん悪口を言ってまわる先を増やしていった。
それに同意してなのかもともとそう思ってた人たちだったのか、
他に何人かもAさんへの態度が少し変わってきていた。

こういうのほんとどうでもいい。嫌なら、勝手に思ってろ、って話。
仕事上、差し支えがあることなら対応が必要だけど。
陰口言い合うことで連帯意識を増やして、罪悪感を減らそうとしているだけ。
やってることほんとダサい。

小学生の頃の、いじめの始まりってこんなんだったな、確か。
大人になってもいるんだよね、こういう人間。

自分がまともだと思い込んでいるから。
自分だけがまともで、そのかわいい自分と違う種類の人は醜くくて間違っていると思い込んでいる。
そんなの幻想だって。早く気付けよって話。

限られた期間でも、一度痛烈に
理解の限界を越えるような出来事に直面するって必要だと強く思う。

自分一人がその場所でよそ者、で、暮らしのあらゆることを0から始める、とかさ、
「はーーーー?何それなんでそんなことするの!?」ってことが常識の人たちと一緒に暮らす、とかさ、
凝り固まった頭をかち割られるような経験をする出来事に。

それまで持ち歩いていた経験とか常識とかじゃ全く太刀打ちできないことを身を以て知ることで、
世の中には「自分の理解できないことがたくさんある」と体で理解できる。

”わたし海外には出張でよく行ってます♪”っていう人の中にも、え、
こんなの輸出しちゃっていいのって人はいる。
決められたルートだけ、準備されたものだけ見聞きしてくるんじゃ、いつものテリトリーから出ないのと一緒じゃん。
それでその国を知った気になってマイルの分だけ経験値増やした気になっていたりね。

違うってば。

どれだけ本気で、外にも目を向けたのか。
そうして出会うことで、時々は痛い思いもするだろう。
それでもその出会いと痛みのぶんだけ、目に映る景色が広がる。
外を知れば知るだけ、自分の足りないものとか気付くのだ。
そういう経験をしたことのある人は、上辺が少し違うからといって他人をすぐに否定したりしない。
自分を守るためだけに、雑言を吐かない。

余所に出たこともないのに、余所者を否定するな、って思う。





えっと、ちなみに、そのAさんには、わたしは他の人と変わらず接してたつもり。
オーストラリア行きを話した後、「行かないで」ってお手紙をもらった(!)のだけど、
そこには、「こまつさんが、いつも周りにしてたのと同じ態度で接してくれたのがうれしかった」とも書いてあった。
いやいや、同じ態度って…。Bは一体どんだけひどい態度だったんだろうか。
(うん、でもこの後、彼女の母親まで「オーストラリアには行かないで、日本で娘の友達を続けて」と
何度も連絡してくるようになって、出国後はこちらから連絡してません…。お元気かしら、二人とも…)






[PR]
d0258949_23594660.jpg
手をつないだら、ほら、
ふたりでどこまでも行ける











[PR]
d0258949_23082961.jpg

彼女の国では、猫は神様の遣いらしい。





イラストレーター こまつきょうこ HP 
はこちら!
[PR]
by komatsukyoko | 2014-12-24 23:10