旅するイラストレーター こまつきょうこの日常図鑑

山形県の田んぼ・海・山の側で育ったイラストレーター。翻訳・通訳業(日英)も。 U.S.A.、スウェーデン、オーストラリアの3大陸在住経験有り。玄米好き。

アカデミー賞受賞俳優 エイドリアン・ブロディ

d0258949_0124986.gif

エイドリアン・ブロディ、やっぱりいい!!
と、改めて思ったのは、『デタッチメント 優しい無関心』を見て。

これは、エイドリアン演じる一人の臨時教師が主人公の映画。
Detachment Trailer Official 2012

周囲に決して深入りしない主人公が一人の少女と出会い、変わっていく話…
と言うのはあまりにも表面的すぎる。
映画の舞台はアメリカの高校。10代の不安・大人になってからの不安、
誰もが直面するかもしれない問題を浮き彫りにしていくストーリー。
そこには、いやなほど現実味を感じてしまう。
舞台はアメリカだし、社会の在り方も文化や背景も全く違う。
それでも、映画の冒頭でもあったように、「かつては誰もが生徒だった」ように、
『学校』という接点がいろいろなものを思い出させるからかもしれない。
そして、それぞれの登場人物が持つ外に向ける顔と内面とのギャップに
かつて自分の悩んだものを見るからかもしれない。

正直に書くと、この映画は何も考えないで気楽に見られるものと違って
だいぶ重い。でも、いつの間にかその話の中にどっぷり入り込んでいた。
見ることに力は使うけれども、ぜひ見てほしい映画の一本。

ちなみに、主人公と出会う少女役のSami Gayleがとっても魅力的!
誰も頼る人がいなく、荒れた表情だったのが、
年相応のかわいらしさを取り戻してくる演技もとてもよかった。
正統派の美人顔だと思う!


…あ。そういや、映画の中で気になることが最後まではっきりと
明かされずにいたけど…なんだかもう。いろんな意味ですごい一本。

エイドリアン・ブロディといえば、
『戦場のピアニスト』でアカデミー賞を受賞した俳優。
舞台上でハル・ベリーにキスをしたのも話題になってました。
公開当時、映画館で見たなー。またDVD借りてみてみよう。
彼の演技がとても好きだ。

『ダージリン急行』にも出演していました。
こちらは、インドを電車で旅する3兄弟の話。
何にも考えず、異国を旅する気分を味わいたい時におすすめ。
[PR]
by komatsukyoko | 2013-09-26 00:25 | 【これ見た!】映画・ドラマ・舞台

by 旅するイラストレーター こまつきょうこ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31